通信制大学は学費が安い

好きな時間と場所で勉強できる

通信制大学は通学制の大学と同様に学位を取得できる上、原則として書類選考だけで入学できるので、幅広い人に学びのチャンスが提供されているといえます。大学夜間部が減少している現在では、働きながら専門的に学びたい人にも通信制大学が選ばれています。自分の好きな場所や時間で学習を行うことができる点を活かし、育児・介護等のライフイベントと共に学位を取得して復職に向けたスキルアップを考える人もいます。
休日や季節ごとに実施されるスクーリングでは、仲間との出会いや交流を通じて学習へのモチベーションを高めることも可能です。住んでいる地域を越えた仕事上の人脈や生涯の友を得られることも、通信制大学ならではの特色といえます。

大学施設を利用する機会が少ない分、学費が安い

通信制大学は、通学制大学と比較して安い費用で学位取得できることが特徴です。
通学制大学の場合は、授業料の他に毎年20万円前後の施設整備費(教育充実費)を支払っていますが、その一部で大学キャンパスの運営に必要な建物の維持費や光熱水費等といった固定費がまかなわれています。図書館の書籍代も含まれているケースがあります。
一方、通信制大学の場合は基本的に自分の好きな場所がキャンパスとなるため、大学に支払う教育充実費は家計内でまかなっているという見方もできます。大学へ支払う固定費がない分、安い費用で勉強することが可能です。スクーリングの受講料も1講座あたり1~2万円の設定です。
また、入学金も2万~3万円に設定されている大学が多く、通信制大学の10分の1程度となっています。

近年は通信制大学の数が増加しています。通信制大学を利用すれば、英語の教員免許を通信教育で取得することもできます。中学・高校いずれの免許も取得可能です。